自身の心と体に向き合い、美しく軽やかに生きる。【癒し・浄化・デトックス】アーユルヴェーダ・ファスティング

【ファスティング・断食】回復食の1食目はすっきり大根がおすすめ。スッキリ大根の作り方

2021/03/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
今世を美しく生きるための心と体の健康のお手伝いをしています。 お仕事は、アーユルヴェーダのセラピストとファスティングのサポート。 好きな食べ物はカレー。都内のカレー屋さん巡りが趣味。

こんにちは。アーユルヴェーダセラピストの小山さおりです。

今日は、回復食1食目におすすめしているスッキリ大根の作り方について。

回復食1食目はすっきり大根でファスティングの仕上げをしましょう。

すっきり大根の材料

  • 大根1/3
  • だし昆布:適量
  • 水2ℓ
  • 梅干し(たたき梅にする):3個 ※梅干しが苦手な人は天然塩(マグマソルトでもOK):約9g(こさじ2杯弱

梅干しは添加物が入っていないものを選んでください。

スーパーで買うときは商品ラベルをしっかりみてくださいね。

すっきり大根の作り方

①⼤根1/3を短冊切りにする

②鍋に2ℓ程度の⽔と⼤根、だし昆布を⼊れ、⼤根が柔らかくなるまで、弱 ⽕で茹でる(約40分)※梅干しが苦手な方はお塩を入れてください。
※ゆで汁は後ほど、梅湯を飲むのに使います。

もし一食目が朝ごはんで、朝に作る時間が無ければ前日の夜のうちに作っておいてもOKです。

準備

食べる準備としてはこのようなかたちにすると食べやすいです。

  1. 左上:温めたミネラルウォーター(コップ1杯(200-300ml)
  2. 右上:梅干し3つ
  3. 左下:ゆでた大根(1/3)とゆで汁・昆布
  4. 右下:ゆで汁(お椀1杯200-300ml)

スッキリ大根の食べ方

  1. コップ⼀杯のミネラルウォーターを温めてゆっくり飲む(200〜300ml)
  2. お椀に1つ梅を⼊れ、崩してから梅湯をゆっくり飲み⼲す
  3. 柔らかく茹でた⼤根(1/3)を「よく噛んで」⾷べ、ゆで汁を飲む。
  4. ⼤根のゆで汁300mlに梅を⼊れ、崩し、 ゆで汁梅湯を飲む
  5. 3~4をあと2回繰り返す。

結構な量を食べることになりますが、できるだけ全部食べ切って頂くと、後から便が出やすくなります。
でもあまり無理をしないでくださいね。

すっきり大根を食べるときのポイント

  • 食べた後は便が何回か続けてでる場合があります。作る時間と合わせて2~3時間は余裕をみておきましょう。
  • ファスティング明け久しぶりの食事です。胃腸がびっくりしないようにゆっくり良く噛んでたべてください。

おわりに

ファスティングの総仕上げであるすっきり大根。
このすっきり大根を食べると、水便のような便が出てきます。
※個人差があるためでない方もいらっしゃいます。

これが癖になる!(笑)

人間の体って本当に反応するし、よくできているなって思います。

是非ご自身の体で実感してみてください!

それでは、今日もお読みいただきありがとうございました!

ファスティング徹底解説ページはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
今世を美しく生きるための心と体の健康のお手伝いをしています。 お仕事は、アーユルヴェーダのセラピストとファスティングのサポート。 好きな食べ物はカレー。都内のカレー屋さん巡りが趣味。

Copyright© PRAKASHA , 2021 All Rights Reserved.